~ 単なるブログ ~
 
DSC_0235.jpg
3/20から東京国立博物館で始まった特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」展に行ってきましたよ!
例のごとく展示物の撮影は出来ないので写真は1枚もありません。

しかしながら初日とはいえ開場に間に合うように9時20分頃には到着したものの、門の前にはすでに待機列が形成されていました(笑) 300人くらいは並んでいたと思いますが自分も最後尾に並んで待機。券を持っていない人たちは券を買うための待機列が別にあるのでそちらで券を買ってから入場。やはりあらかじめ前売り券を買っておいて正解でした。

開場後5分ほどで自分も入場出来ました。入り口で音声ガイド(今回は中谷美紀さんが音声を担当)を500円で借りていざ会場内へ。

明治の廃仏毀釈の運動によってことごとく破壊・処分される最中にフェノロサ、ビゲロー、そして岡倉天心によって古美術商等から収集された日本美術約10万点、その中から選りすぐられた92点が今回展示されています。

個人的に良かったものは「仏画・仏像全般」「平治物語絵巻」「狩野派全般」「尾形光琳・松島図屏風」「伊藤若冲・鸚鵡図」「曽我蕭白全部」「着物」あたり。やはり今回の目玉である曽我蕭白の「雲竜図」は大迫力でした。今回は浮世絵は一枚もありませんでしたが去年「写楽展」でたくさんの浮世絵がボストン美術館から来ていたのでその関係もあるんでしょうね。しかし浮世絵が無くとも十二分に楽しめました。機会があれば再度行きたい展覧会です。やはり実物を見てナンボだと、そう実感しました。

図録買いました↓
DSC_0239.jpg


このあと無料だった上野動物園にも行ったのですが・・・
DSC_0236.jpg
ありえないくらいの混雑ぶりだったのですぐに帰りました(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://miyamori.blog69.fc2.com/tb.php/2401-2034ed61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック