~ 単なるブログ ~
 
このブログの説明
■適当にやってます
■気が向いた時に更新
■最近購入物を晒す率がかなり高い
101027_101937.jpg
10月27日(水)国立科学博物館へ「空と宇宙展」を見に行ってきました!
[国立科学博物館 特別展「空と宇宙展」を見に行ってきた]の続きを読む
101025_195907.jpg
「オバケのQ太郎」7巻
「ドラえもん」10巻


今回はこの2冊です。ドラえもんは特に言うことはありません。
オバQは初期作で半分以上は初単行本収録という充実ぶり。
知ってますか?
超初期のQ太郎の髪の毛は3本じゃなかったんですよ。
オバケはタマゴから生まれるんですよ。
オバQという作品はF先生とA先生の共著なんですよ。

藤子不二雄は2人で漫画を描き続けてたんじゃないの? 共著で当然じゃないの?
と言う貴方に少しレクチャー。藤子不二雄の共著は以下の通り↓

・ある日本人留学生からのローマ便り
・星の子ガン
・チンタラ神ちゃん
・仙べえ
・UTOPIA最後の世界大戦
・海の王子
・オバケのQ太郎

これだけです。たった7作品しか共作していないんです。この7作品以外は便宜上ペンネームを「藤子不二雄」としたまま完全分業で別々の作品を描き続けていった訳です。で最終的に1987年、コンビを解消して「藤子不二雄F」「藤子不二雄A」と名乗ったのですが、その1年後にF先生は石ノ森章太郎氏の薦めにより「藤子・F・不二雄」と改名。とまあそんなことで共著のほうが圧倒的に少ないので共著のものはしっかりと御二人の連名になっているのです。しかもこのオバQは長らく再発されませんでした(おそらく権利関係)からファンにとってこの大全集はありがたいのです。
101029_211122.jpg
せっかく買ったスーパーマリオ25周年仕様DSiLLなので保護するために買いました。
本体だけ買って本体到着後にケースやシートの買い忘れを思い出すんだからやってられない。しっかりしろ俺!

早速装着してみた↓
101029_213227.jpg
クリアケースだからマリオ25周年仕様なのがちゃんと分かっていい感じ。
101028_191929.jpg
HMVオンラインで予約しておいた「ニンテンドーDSi LL本体 スーパーマリオ25周年仕様」が届いた!
ソフトが3つも内蔵されてます。

赤いボディに黒いふちどり、高級感があってカッコイイ!!
101028_195809.jpg
そして何よりパワーアップアイテムのスーパーキノコ・ファイアフラワー・スーパースターが効いてますねぇ。

ということでDSiと大きさを比べてみた・・・
101028_195737.jpg
で、でかい!これはでかいな。さすが「据え置」DS(笑)
とりあえず「海腹川背」をプレイしてみましたが、このLLはアクションゲームには不向きなのかもしれない。両手で持った時の感じが慣れないせいもあるんでしょうがイマイチしっくりこない。しかし慣れも何も無くて通常の「DSシリーズ」はプレイ出来たと思いますから、そう考えると携帯ゲーム機の大きさってちゃんと考えて作られてるんだなと実感しました。


ヤ、ヤスタカ・・・やりやがったな! かっこいいじゃないか! 早く全編通して聴きたいぞ!
101010_101017.jpg
「巨人のドシン」1500円
初め数人の人間しかいない土地に人間の望み通りの物や変化を与えると家を作ったり人口も増えて町になる、手っ取り早く言うならばこれはシムシティ的なゲームですな。これ、結構やめどきを失います。
GCのソフトはWiiでも遊べるところが良いですね(ただしGC用のコントローラーとメモリーカードが必要)。互換最高!

「動物番長」300円
これは他のドーブツを狩って食ってヘンタイして百獣の王を目指すゲームです。
まだ最初のエリアしかプレイしてませんがこれもやりだしたらハマリそうな面白世界観。ドーブツと言ってもパッケージにあるような変な形をしたやつらばかりなのでグロさ等は微塵もありません。
101010_091805.jpg
今回はタイトーの3本です

「京都龍の寺殺人事件」
山村美紗原作の本格サスペンス・アドベンチャーゲーム。
苦手なジャンルなのでプレイはしないと思うけど一応所持しておきます。

「爆笑!!人生劇場3」
ボードゲームです。ついついゴールまでプレイしてしまいました。
自分はこの手のボードゲームが結構好きでコンピューターとの対戦でひたすら遊び続けてしまいます。

「ミネルバトンサーガ ラゴンの復活」
随分と評価の高いRPG。戦闘画面になると「ゼルダ」みたいなアクション戦闘画面になります。
俺、最初の戦闘で死んだんだけど、きっと準備不足で死んだんだよね?
ろくすっぽ町人の話も聴かずにダンジョンに入ったのが悪いんだ。おそらくそうだ。・・・まあいいか。
101023_174629.jpg
左:パーカー
http://www.asmart.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&cat=100106107&swrd=&pid=10003437&vid=

右:Tシャツ
http://www.asmart.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&cat=100106107&swrd=&pid=10003430&vid=

いや~パーカーが良い出来ですよ本当にカッコいい。こういうグッズで久々に満足する物を買えた気がします。
コレ着て外出しまくるんだぜ!

Tシャツは襟のところの形が嫌い。
復刻版「I LOVE Perfume Tシャツ」もこんな感じの中途半端な襟だった気がする。これやだ。
もっとオーソドックスな形のTシャツにしてくれ! でなきゃもうTシャツ買わないぞ!
101010_091719.jpg
「ファミコンジャンプⅡ」
パッケージにいる7人が出てくるRPGです。
しかし前作をプレイしてないので(知人宅で知人がプレイしてるのは見たことあるけど)まずは前作である初代ファミコンジャンプをプレイしてからこいつの攻略に入りたいと思います。

「ファイナルファンタジーⅠ・Ⅱ」
タイトルの通り2作品が1本のソフトに収録されています。
オリジナルの1と2は持ってますがプレイしてないのでいまいちどんな内容なのか分かりません。
気が向いたらプレイするかもしれない。

「トランスフォーマー コンボイの謎」
ksg・・・と言っちゃダメですか? 高難度なだけのゲームはksgだとは思いませんが、あまりにもゲームバランスが酷い無茶苦茶な難度を押し付けられるのはゲームとして成り立っていないと思うので、そういうものは正直ksgとしか言いようが無い気がする。子供があんなゲームを辛抱強くプレイし続けられるだろうかと首を傾げてしまいますよ。

「チャレンジャー」
高難度と言えばこのチャレンジャーも有名ですけど、このゲームは「何とか先に進めそう」な雰囲気を感じさせてくれるところがトランスフォーマーとは違います。トランスフォーマーは「もう無理、クリアなんて出来ない」というある意味「絶望」に近いものを感じさせてくれます(笑)

どんなゲームも「覚えゲー」な部分は多々ありますが、覚えてもどうにもならない(出来ない)ゲームも存在します。ゲームの体を成していない、それがksg・・・世にも恐ろしい存在ですね(笑)
pfmtdm.jpg
チケット到着しました。
外野にステージが設営されるとして・・・一塁側の外野寄りの席のようなので結構見やすそうな場所かも。下手にアリーナの後方の席なんかをあてがわれたりして、前方に高身長なのが居たらもう見えない。アウト。それを考えれば多少距離があってもメンバーと演出を一望出来る場所の方が断然楽しめるというものです。
あと12日か・・・楽しみだ!
101021_184038.jpg
スーパーマリオ25周年ということでスーファミで発売された「スーパーマリオコレクション」がWiiでリメイクされました。四半世紀という記念イヤーなので「スーパーマリオヒストリー1985-2010」という資料集とサントラCDが付いてます。

箱の中身↓
101021_184136.jpg

裏側↓
101021_184158.jpg

早速プレイしてみましたが、このWii版は完全リメイクですが忠実に再現されていると思います。そもそもスーファミ版もリメイク作品でしたから、ファミコン版のそれぞれの作品とはグラフィックや音楽の質も違います。
それと、どうせなら「スーパーマリオRPG」「マリオ64」「サンシャイン」等も入れてくれたら最高でしたねぇ。

「マリオ2」で何機まで無限増殖出来るのか試しにタイムアップまで1UPさせまくったら、どうやら127機がリミットのようでそれ以上は増えませんでした。「マリオ2」の無限増殖は簡単ですからその対応策として上限があるのかな?とも思いました。これって当時から127機が上限なんでしたっけ。覚えてないなぁ・・・。
「マリオUSA」ですが、ステージクリア後に獲得コイン数だけ挑戦出来るスロットの目押しがやりづらくなったと思いませんか? チェリーを狙い続けていれば知らぬ間に残機数は3ケタを越えたのに、今回はそこを調整している模様。でも残機が増えすぎるのは問題ですからこれで良いんじゃないでしょうか。
101010_091551.jpg
「メタルマックス」
このゲームは「ファミコン神拳」でお馴染みのミヤ王(宮岡寛)、キム皇(きむらはじめ)、カルロス(とみさわ昭仁)がデザインした名作の呼び声高い作品。「人と戦車のRPG」なのです。時間を見つけてプレイしたいですな。

「ガンヘッド」
俺の苦手なシミュレーションRPG。
PCエンジン版の評価は高いがファミコン版はどうもイマイチの様子。

「ランボー」
映画「ランボー2」のストーリー進行でゲームは進むらしいです。
最初に司令官に会わないといけないんですが、その司令官がどこにいるのやら見つけることが出来ません。
よってここでゲーム終了。たぶんもう2度とプレイしない(笑)

「めぞん一刻」
またまた個人的に苦手なジャンルの「コマンド式アドベンチャーゲーム」です。
管理人さんの恥ずかしい写真を手に入れるのが目的らしいですが・・・多分こういうゲームはファンアイテムなので原作好きじゃないとプレイ出来ないと思います。

「千代の富士の大銀杏」
コマンド入力により技を出しますが難しいですね。敵が強いです。
下から昇進してこないといけないのでパスワードを取りつつ時間をかけないといけない模様。
千代の富士と戦えるまでは果てしない道程だと思われます。
101017_114255 (800x450)
行ってきましたよ!
[10/17(日)富山県立山へ行ってきた]の続きを読む
101010_100910.jpg
タイトーの過去の作品を大量収録した「タイトーメモリーズ」の上巻&下巻を買いました。
収録タイトルを見てもらえば分かると思いますが、PS2でこれだけのタイトルを遊べるなんて素晴らしすぎる。しかも「タイトーメモリーズ2」の上巻下巻も発売されてるので近々買います。

【上巻】収録タイトル
01:1978 スペースインベーダー・カラー
02:1980 ルナレスキュー
03:1982 アルペンスキー
04:1985 フェアリーランドストーリー
05:1986 奇々怪界
06:1986 バブルボブル
07:1987 ラスタンサーガ
08:1988 功里金団(くりきんとん)
09:1988 サイバリオン
10:1988 地獄めぐり
11:1989 キャメルトライ
12:1989 ドンドコドン
13:1989 フリップル
14:1990 嗚呼栄光の甲子園
15:1990 マジェスティックトゥエルブ
16:1990 ルナーク
17:1991 プリルラ
18:1991 メタルブラック
19:1992 グリッドシーカー
20:1994 スペースインベーダーDX
21:1994 ダライアス外伝
22:1994 ライトブリンガー
23:1995 エレベーターアクション リターンズ
24:1996 クレオパトラフォーチュン
25:1997 プチカラット

【下巻】収録タイトル
01:1978 スペースインベーダー
02:1979 スペースインベーダー・パート2
03:1980 クレイジーバルーン
04:1980 バルーンボンバー
05:1981 QIX
06:1982 ワイルドウエスタン
07:1983 エレベーターアクション
08:1983 ちゃっくんぽっぷ
09:1983 フロントライン
10:1985 影の伝説
11:1988 ニュージーランドストーリー
12:1988 ラスタンサーガ2
13:1988 レイメイズ
14:1989 インセクターX
15:1989 カダッシュ
16:1989 バイオレンスファイト
17:1990 ガンフロンティア
18:1990 ハットトリックヒーロー
19:1990 ミズバク大冒険
20:1992 アラビアンマジック
21:1995 あっかんべぇだぁ〜
22:1995 逆鱗弾
23:1995 パズルボブル2
24:1996 レイストーム
25:1997 Gダライアス
101010_091457.jpg
「くにおくんの熱血サッカーリーグ」
ほとんどのスポーツゲームに興味が無い(特にサッカーゲーム)自分としては、やはりこの手のゲームのどこが面白いのかサッパリわかりません。くにおくんシリーズってことで相手を弾き飛ばしたり出来るし必殺シュートも打てますが・・・う~む、いまいち面白くない。

「くにおくんの時代劇だよ全員集合!」
これはWiiのバーチャルコンソールでも販売されてますね。「みんなのニンテンドーチャンネル」でゲームセンターCXの番外編として課長がこのゲームに挑戦してます(今もその挑戦は閲覧可能)。このゲームは良作ですね。とくに2人協力プレイは楽しく盛り上がりそう。

「いけいけ!熱血ホッケー部 すべってころんで大乱闘」
ソフトのみ入手。
最初の試合しかやってない(しかも途中でやめた)けど、なんか敵が弱すぎて第3ピリオドまで通してプレイするのが苦痛、というか飽きてきます。先に進めばもっと敵も強くなるんだろうけど、この「点を取る作業」はなかなか厳しい。最初の試合からやる気が失せるっていうのはゲームとして終わってると思うんだけど・・・。対人戦なら乱闘出来たりするから面白いのかな・・・?

「ドラゴンボールZⅡ 激神フリーザ!!」
これだけくにおくんとは無関係ですが一応「キャラゲー」ってことで。
戦闘に時間かかって面倒くさいしナメック星に向かう宇宙船にサイヤ人に殺されたはずの天津飯・チャオズ・ヤムチャも乗っていたり・・・。よくわからん内容です。


今回は文句が多いですが1人プレイしか試していませんのでこんな感想になってます。
ソロプレイはいまいちだけど対戦が熱いっていうゲームもありますからね。
101010_091405.jpg
「レイラ」
ゲームセンターCXでも挑戦したソフトですね。
初めは弱いピストルの無限弾丸しか使えませんが、途中で使用回数制限のある強い武器を拾うことが出来、セレクトボタンでの武器変更で使用可能。敵を倒すと回復アイテムも出ますがムズイのですぐ死にます。

「夢幻戦士ヴァリス」
難しい! 特にマップが入り組んでいてどこへ向かえばいいのやらわからず右往左往しているうちにGAMEOVERというパターンに陥りそう。相当やり込まないと先へ進ませてもらえない雰囲気が漂います。骨のあるゲームが好きな人はいいでしょうが、俺みたいなヌルゲーマーには荷が重いですねぇ。
そういえばこのゲーム、女の子が主人公のアクションゲームの始祖などと言われているらしいです。

「魔天童子」
よくある横スクロールアクションゲームですがダメージを食らうと後ろに後退するので落とし穴をジャンプして着地点で敵に接触すると落とし穴に落下すること請け合いです(笑) わざとそういうタイミングで敵を配置しているのでしょう、やけにムズく感じますね。

「ダンジョンキッド」
これは自分でRPGを作るゲームです。ファミコンなので選択できるキャラ等が少ないのはどうにもなりません。
一応用意されたストーリーもあるのですぐに遊べますが、作るための元ネタとして存在していると思った方が良いかもしれませんねぇ。
今回はすでに持っているソフトが4本もあるので一気に8本晒してみます。
101010_091201.jpg
「北斗の拳」
このゲームは当時知人宅でかなり遊んだ記憶があるんですが、いざプレイしてみるとサッパリ覚えてませんでした。とりあえず赤い敵をパンチで倒すと「あべし」という文字が出現し、それを取るとケンシロウがパワーアップします(笑) しかしムズいゲームだ。

「北斗の拳2」
続編なのでこちらも敵をパンチ攻撃(秘孔を突く)すると「あべし」やら「ひでぶ」というパワーアップアイテムが出るので倒しまくります。それと、ボスには倒し方があって、原作の通りの攻撃をすると一瞬で倒せます。しかし対処法が分からないとダメージをなかなか与えられません。

「おぼっちゃまくん」
これは所持してますが箱や取説の状態が良いので交換。
ゲームの内容はまああれです。

「つっぱり大相撲」
相撲のゲームってあまり思い浮かばないと思うんですが、唯一思い浮かぶと言えばこのゲームじゃないでしょうか。名前は知っててもプレイしたことは無い人も多そうですけどねぇ。

101010_091252.jpg
「ジャッキーチェン」
PCエンジン版もあるそうですが、こんなゲームがあるなんて知りませんでしたよ。
内容はアクションゲーム。難易度は適度だと思いますが、まだ序盤しかプレイしてないのでよくわかりません(笑) 後半に行けば難しくなるかも。

「バイナリィランド」
「桃太郎電鉄」
「ドラえもん」

この3本はどれも所持していますが今回入手した物の方が状態が良いので交換です。
「バイナリィランド」:箱に穴が開いてた。
「ドラえもん」:箱の耳が千切れていた。
とにかく満足!
101014_182433.jpg
Amazonのくせにちゃんと発売日に送ってきた! 佐川急便のくせに到着予定日より1日早く届いた!

ということで、カービィの新作を買いました。
序盤のチュートリアルで操作は覚えられますし、何よりキャラや世界観が可愛いですね。
サクサク進めてしまう簡単な難易度。これならアクションが苦手な人でもクリア出来るでしょう。
これからもう少しプレイしてみます。
101012_171911.jpg
「クイック・ジャパン Vol.92」
「バクマン。」特集。買わない訳にはいかない。良かったですよ「バクマン。」特集。
その他、「オードリー(お笑い)」「相棒(ドラマ)」「CUNE(ファッションブランド)」等の特集も。そっちはまだ読んでいないので後で読もうと思います。

「ヲ乙女図鑑(をとめずかん)」
加藤夏希・喜屋武ちあき・松嶋初音・杏野はるな等々、総勢29人のヲタク乙女をそれぞれ6~8ページで紹介。予想以上に面白かったのでオススメしてみる。
101010_091103.jpg
今回はシューティングゲーム4本

「ツインビー」
いわずと知れたコナミの名作シューティング。
元々所持していたソフトより今回入手した物の方が箱やソフトの状態が良いので交換します、というか状態の悪い方で遊ぼうと思ってます。昔はディスクシステムの書き換えで何かのソフトをツインビーに書き換えてよ~く遊んだもんです。シューティング苦手な自分としては珍しくハマッたゲームでしたね。キャラとか内容とか単純に面白くて遊びやすいから子供でもすんなり入れるんだと思います。1周は出来てたはずなんですが、このあいだプレイしてみたらエリア5で終了。腕は衰えるのです。

「アーガス」
これは初入手&初プレイ。
なんだかボスやっつけたあと強制的に着陸させられるんですけど。こんなもん墜落しますがな(笑)
あれ? もしかしてザコ敵やボスなんてオマケで、実は着陸するのがメインですか? 着陸ゲー?

「ヴォルガードⅡ」
これも初入手&初プレイですが、敵に当たったり弾に当たってもすぐには死なず、エネルギー残量でどこまで行けるかって事なのだろうか。途中でエネルギー補給船がやってくるのでそこで補給してもらうという。その代わり1機死んだらGAMEOVER。俺にはムズイゲームであります。

「コズミックイプシロン」
存在自体を知らなかったこのゲームなのですが、これ凄いですね。
3Dシューティングゲーム(「スペースハリアー」や「とびだせ大作戦」系)ですが画面のスクロールがとても滑らか。そしてステージ1をやり始めたらなんか聴いたことがある曲が。PSY・Sの「パラシュートリミット」! それが8bitで流れるんだから素敵。かっこいいですよこのゲーム!



101010_090952.jpg
今回は任天堂関係のソフト3本。

「スーパーマリオブラザーズ3」
このソフトは持っているのですが箱の耳が1箇所ちぎれていて常々「状態の良い箱が欲しいな」と思っておりました。実際に2つを見比べてみたら箱どころか内プラケース・説明書・ソフト、つまり全てが今回入手した物の方が状態良好でした。
このゲームは得意なので1時間少々あればクリア出来ますが笛を使ってのワープを駆使するので、笛なしでクリアとなればかなり時間はかかるでしょうねぇ。

「テトリスフラッシュ」
このソフトも持ってましたが箱の状態が今回入手した物の方が良いので交換です。
通常のテトリスとはルールが違うパズルゲームですが、単純なのですぐ理解出来ます。暇つぶしにもってこい。

「ファミコンウォーズ」
自分は戦略シミュレーションゲームはあんまり好きじゃないんですが、堀井雄二が大ハマリして一時期コレばっかりプレイしていたということなので一応キープしておこうかと思います。ちょっとプレイしてみたんですが意味が分からない(笑)
101009_192741.jpg
今まで使っていた1GBのiPod nanoからようやく買い換えました。シリコンケースも同時購入。
コジマの商品券5000円分とコジマのポイント2000円分の合わせて7000円割引で実費7700円程で購入。
新しいバージョンになってるの知らなくてコレ見て驚いた。こんな小さなもんに8GBも詰め込めるなんて・・・しかも16GBのものも売ってたのでますます俺のnanoは古かったんだなぁと実感。現在1685曲入ってます。いい買い物しました。
20101009172210.jpg
3年間使い続けた「SO704i」からPRIME series「SH-07B」に買い換えました。
なにこれ画面タッチパネルなの? でもまあ触らなくても使えるからいいとして、とりあえず画素数が1200万あるというところに惹かれて買いました。デジカメいらずですな。

PRIME series「SH-07B」→ http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/prime/sh07b/
20101007203929.jpg
「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」
このゲームはナムコの「スターウォーズ」とは違って良ゲー扱いされているプチレアソフト。
アクションゲームですがほどよく先に進めます。やはりコレがレア化しているのはスターウォーズファンがコレクターズアイテムとして入手しているからなのでしょうか。

「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」
伝説のクソゲー。不親切極まりないこのゲームは、クリアしても感動を味わえない。
クリア後は疲労感が残るだけ・・・。この作業感はなかなか味わえない。

「内藤九段将棋秘伝入門編」
このゲームは近所の同級生が将棋好きで、彼の家に遊びに行くと彼がよくプレイしてたゲーム。
気軽にCOMと一局出来て「飛車角落ち」等のハンデも付けられるのが良いですね。

「スーパーチャイニーズ3」
名前は「チャイニーズ」ですが主人公は「忍者」です(笑) この時点でガッカリ感が漂いますが。
内容はRPGとアクションを合わせたゲーム。普段はRPG的なフィールド上を移動しますが、敵にエンカウントすると戦闘がアクションモードに切り替わります。ボス戦のいくつかはコマンド式の戦闘。まあそれはいいんですがエンカウント率が高すぎますね。やっててうんざりしてきます。
20101007183723.jpg
ヤフオクにてファミコンソフトを97本買いました。いろいろ込みで約26000円。26000÷97=1本あたり268円なのでとても良い買い物なのではないかと思います。ただ、箱の状態が悪かったり、箱はあっても取説が無かったり、ダブリソフトも30本くらいあるので不必要なソフトがまた増えます(笑) 個人的にダブりソフトは歓迎なんです。今まで持ってた物より状態が良ければ交換出来ますし、状態の悪いものを「プレイ用」、良いものを「保存用」にすることも出来ますからね。

今回から10数回に分けて全部ではないですが(不必要なダブリや状態の悪いものは除く予定)晒していこうと思います。
まずはナムコのハードケースから。
20101007203508.jpg
「カイの冒険」
ソフト単体では持ってましたが箱・取説つきが欲しくて探してました。
このゲームは初プレイで90階くらいまで上がったことがあるんですが、宝箱の罠にかかってかなり下の階まで落とされてしまい面倒になってそこでプレイをやめました。操作感覚がなかなか覚えられないので初めは苦戦しますがそのうち慣れてきます。慣れてしまえばもうコッチのもの。今回の大量セットを買った理由のひとつがこのソフトがあった事。

「ファミリーボクシング」
このゲームは未プレイだったんですが選手の育成をすることが出来るんですな。育成しないと先のステージに進めないのかもしれない。でもこの頃のナムコのファミリースタジアムやファミリージョッキー等の「ファミリーシリーズ」は秀作揃いなので、このゲームの育成はそれほど「苦行」になるような酷い作業では無いと思います。

「スターウォーズ」
ゲーム自体はよくあるアクションゲームですね。ただ「スターウォーズ」というコアなファンがいる作品ということもあると思うんですが、ストーリーや登場キャラ等から随分と「クソゲー」呼ばわりされているようです。自分はこのゲームがクソゲーかどうか判断出来るほどプレイしてませんから何とも言えませんが、解り辛かったり単に難しいだけで「クソゲー」と呼ぶのはどうなのかと思うのです。個人的に「クソゲー」とは「ゲームとして内容もシステムも成り立っていない破綻状態にあるもの」だと思います。
20101006175928.jpg
ファミコン サウンドヒストリー シリーズ「マリオ ザ ミュージック」を買いました。
収録されているのは↓

「マリオブラザーズ」
「スーパーマリオブラザーズ」
「スーパーマリオブラザーズ2」
「スーパーマリオブラザーズ3」
「スーパーマリオUSA」
「ドクターマリオ」
「ヨッシーのクッキー」

上記7タイトルの「効果音以外」の楽曲です。
スーマリシリーズの曲が良いのは言うまでも無いんですが、「マリオUSA」や「ドクターマリオ」の曲がこれまた素晴らしいです。作業BGMとしてうってつけですなコレは。アルバムをリピートさせておきたい。
20101005181531.jpg
「バクマン。」10巻
今回も怒涛の展開だったなぁ。平丸はいいキャラだ。

「BLEACH」47巻
久しぶりにたつき出たー!

「たつき」ってコレね→ http://pierrot.jp/title/bleach/chara/chara06.html
20101001180131.jpg
今回でラスト。PCエンジンのソフトです。

「オーダイン」500円
ナムコのシューティングゲームです。
相も変わらずシューティング買ってきやがったのかテメー! という声は聞こえない!
ステージの途中でショップが飛んできて自機をパワーアップさせるシステムはファンタジーゾーンみたいですね。

「レミングス」1500円
スーパーCD-ROM2のソフトということで音がよろしいです。スーファミ版レミングスのBGMは若干こもった感じに聞こえるんですが、こちらはCD-ROMなのでとてもクリアです。良いBGMでこつこつ作業すると程よくはかどりますね。
このとてつもない良ゲーは是非ともプレイすべきですよ皆さん。音とか気にしなければスーファミ版でもPCE版でもどちらでもお好きな方をどうぞ。超絶オススメ。
ちなみにPSPでも発売されてたりしますよ。
20101001175927.jpg
「デビルワールド」714円
ソフト単体では持っていましたが箱・取説欲しさに購入。
ファミコン初期のソフトは揃いも揃って良ゲーなので、このソフトを未プレイの方は是非どうぞ。

「ソロモンの鍵2」4380円
金額高いよね! うん、分かってたさ!
それにしても前作「ソロモンの鍵」とはガラリと変わってアクション要素が無くなった単なるパズルゲームになってました。
つまらないという事ではないのでじっくり考えるパズルがやりたい人にはいいんじゃないでしょうか。

「ガンナック」300円
このソフトは箱の状態が随分と悪い(何かの液体がこぼれた様な跡がある)ので格安でした。ていうかまたシューティング買ってきたのかお前! とそろそろ言われそうな気がしてきましたよ。
しかしプレイしてみたらエリア5まで行けました。武器を状況に応じてとっかえひっかえする感じでしょうか。多分ヌルゲーマーの俺ではそこまでが限界だと思いますが、1回死んで初期装備に戻っても結構すぐに装備を強化出来るので遊びやすい印象を受けました。

「パルテナの鏡」1400円
外箱・取説付が欲しかったので購入。
難しいですよねこのゲーム。アクション苦手な自分にとってかなりの高難易度です。


20101001175518.jpg
今回はナムコのファミコンソフトです。

「パックマン」1800円
ナムコの小箱版パックマンですな。
これはまあ言うまでも無く名作ですから多くは語りません。

「スーパーチャイニーズ」819円
これもパックマンと同じく小箱版&説明不要かと。
こいつはソフト単体で持ってましたが箱・取説付きが欲しかったので購入。
ということでナムコの小箱版18種全て入手出来ました。わいわい!

「メトロクロス」980円
このソフトはそのうち買おうと思いつつ先延ばししてました。何故かというとPSのナムコミュージアム収録の物とはおそらく移植度にかなりの違いがあるであろうという思いが購入を踏みとどまらせておった訳です。う~ん、プレイしてみてやっぱりファミコンならではのショボさが目立つなぁ。パックランドほどの劣化では無いにしろこの移植度は気になりました。
・・・とは言ったものの当時はゲーセンかファミコンかの2択しかなかった訳で、自宅で好きなゲームが出来るだけで充分画期的でしたから移植そのものを否定する気なんてさらさらございません。

「貝獣物語」3000円
ソフト単体で所持してましたが完品を求めて探し回っていました。
3000円は高いなぁと思いつつ買ったわけですが状態が良すぎです。とてつもない美品なので満足。
スーファミ版「大貝獣物語」の1と2はプレイ済みですがこのゲーム自体は未プレイ。そのうちプレイしたい。