FC2ブログ

丸尾末広「パノラマ島綺譚」購入

20090501202132.jpg
江戸川乱歩原作の小説「パノラマ島綺譚」を丸尾末広氏が漫画としてコミックビーム誌上に月刊連載したもので、そこからさらに加筆修正して単行本化されたものです。
乱歩のあの時代ならではの言葉遣いから独特の空気感を味わう小説とは違って、直接視覚で酔わせてくれます。原作は既読で結末は知っているわけですが、そこはやはり自分の脳内で情景を補完する小説と、丸尾末広氏独特の感性で描かれたパノラマ島を提供してもらうのとでは大違いですね。
売れない作家が引き起こす一世一代の大芝居。全1巻、272頁なのであっという間に読み終えてしまいます。とても読みやすいのでオススメ。


【YouTube】伊武雅刀「子供達を責めないで」


このレコードはウチにあるんだけど映像で見たのは初めて。
しかも夜のヒットスタジオ(笑) あーなんて素晴らしいんだ。

―以下Wikiより抜粋―
子供達を責めないで(シングル、1983年、作詞:秋元康、作曲:Barnum Reeve)
オリコン21位、売上10万枚のヒット曲。原曲はサミー・デイヴィスJr.の同名曲だが、原曲が「子供達が犯罪を起こすのは、我々大人達にも原因があるのではないか?」というメッセージソングなのに対して、「本当は子供達に愛されたいのに、愛してもらえないのでひねくれている大人」のコミックソングへと変えられている。「私は子供に生まれないでよかったと胸をなで下ろしています」「下から見上げるようなあの態度」「人生の深みも渋みも何にも持っていない」というギャグにしているが、「私は子供が嫌いです」「この世の中から子供がひとりもいなくなってくれたら」などと連呼する。
なお作詞の秋元いわく、「この曲の子供のモデルは小さかった頃の自分自身」だったという。なおこの曲は後に作詞家として大成功を収める事になる秋元が作詞を手がけた最初の曲である。
歌詞の内容があまりにも刺激的であるため、発売元であるCBSソニーは、発売前に十代の若者を対象とした試聴会を開き、アンケート調査を行った。
この曲を聞いたファンの間からは、当時声を当てていたアニメ宇宙戦艦ヤマトにひっかけて「デスラー総統御乱心」とも称された。
なお、この曲のカップリング曲である『パパと踊ろう』も、曲自体は父娘の団欒を描いた微笑ましい曲だが、曲中で流れるアナウンサーが話すニュースの内容と、それに被さる子供の笑い声が非常にシュールな様相を演出している。


歌詞どうぞ↓(クリック)
ivu.jpg
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索
種類別妄言
月別妄言集
中の人

宮森 (元・ピエール瀧と宮森)

Author:宮森 (元・ピエール瀧と宮森)
日に日に老害が進行してます
物覚えが悪いです
手がプルプル震えます
白昼夢を見ます
目がかすみます

【twitterもやってます】
【twilog】
【デンキグルーヴとのそうぐう】

【BLOG遍歴】
・暇人日記(DION:削除)
・スーパー暇人日記(DION:削除)
・ハイパー暇人戦記(DION→ライブドア:削除)
・ドラゴンクエスト8プレイ日記(ヤプログ:更新終了)
・タイトル忘れた。面白ニュース系(アメブロ:削除)
・宮森LOG(ライブドア:FC2へ移行)
・YouTubeマニア(FC2:宮森LOG【Z】に統合後削除)
・名称を「ミヤモリログ」から「宮森LOG」へ変更

メールを送る
このメールフォームから 中の人にメールを送れます。

名前:
メール:
件名:
本文:

新しい妄言
妄言に花が咲いた結果
強制リンク発動(TB)
天空の城下町
ドラゴンクエスト総合サイト
RSSで監視してよ
人数計測器

QRコード
携帯でも見られます
QR
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ